ニュース&トピックス

アートアクアリウムの最新情報とお知らせ


11.27.2015
「アートアクアリウム feat. ニーナ・クラヴィッツ」京都・二条城で12月4日(金)開催決定!


世界中を駆け巡る、才色兼備のトップDJ、ニーナ・クラヴィッツが“着物姿で”京都に舞い降りる!
『アートアクアリウム城』で一夜限りのスペシャルパフォーマンスを披露!
あなたも伝説と語り継がれるであろう一夜の目撃者となる!!

「アートアクアリウム feat. ニーナ・クラヴィッツ」では、12月4日(金)に、
いま最も美しく勢いのあるDJ、ニーナ・クラヴィッツ(NINA KRAVIZ)を迎えた、一夜限りの特別イベントを開催いたします。

当日は、世界No.1フィメール(女性)DJ“ニーナ・クラヴィッツ”が本邦初お披露目となる着物姿で登場し、
『アートアクアリウム城〈水戯の舞台〉』でスペシャルパフォーマンスを行います。

今企画は木村英智が、今回の『アートアクアリウム城』で発信しているリアルジャパンを世界に同時発信することを目的に、
ニーナ・クラヴィッツ”という世界的なアイコンを指名し、普段のDJプレイとは一線を画す新たな領域を作り上げることを提案し、
それにニーナ・クラヴィッツが応える形で実現に至りました。

期間中、毎夜開催されている舞台『アートアクアリウム城 特別公演“金魚の舞”』にて、
花魁の舞を披露している劇団荒城(こうじょう)の花形・荒城蘭太郎(こうじょう らんたろう)との特別コラボレーションも行われ、
妖艶で魅惑的な空間を体感できます。

ハウス、テクノシーンでは世界を席巻し、いまやトップDJの1人として最先端の音楽を生み出すニーナ・クラヴィッツと、
歴史と格式ある二条城、そして独自の世界観を放つアートアクアリウムが融合し、伝説の一夜を作り出します。
凛とした空気に包まれ冬の訪れを感じる古都・京都で、『アートアクアリウム城』と世界的DJとのスペシャルコラボレーションに酔いしれながら、
神秘的で粋な夜をお楽しみください。

アートアクアリウム城『紅葉の賀』12月5日(土)緊急開催決定!!

1603年江戸時代に徳川家康が築城し、徳川家の栄枯盛衰のみならず、日本の歴史の移り変わりを見守ってきた二条城。
さらに歴史を紐解いた今から約1200年前の平安時代、この地は天皇の苑池(えんち)として、
祝いの宴『紅葉の賀』の地としても知られています。

使節と平安貴族の交歓の会場でもあったこの歴史的な場所で、世界を駆け巡るトップDJ、ニーナ・クラヴィッツ
アートアクアリウムアーティスト・木村英智との出会いの「交歓」を日本特有のもてなし文化である「茶」を通じて表現いたします。

平安の歴史に思いを馳せ、再現されるこの宮中行事はまさに、木村英智が追及する「歴史と現代」のアートを融合させた究極の美。

当時の装束を華麗にまとったニーナ・クラヴィッツとの厳かで美しい呈茶の儀式。
秋の夜長に再現される一夜限りの『紅葉の賀』をお楽しみください。

ニーナ・クラヴィッツ(NINA KRAVIZ)
ニーナ・クラヴィッツ

世界中のクラウドが恋に落ちる、いま最も美しく勢いのあるDJ、NINA KRAVIZ(ニーナ・クラヴィッツ)
レーベル〈трип(トリップ)〉主宰。

昨年は、世界最大のダンスミュージック配信サイト〈Beatport〉が選ぶ「DJ OF THE YEAR」に輝き、
日本最大級のクラブ系ポータルサイト〈Clubberia〉の「ARTIST AWARD 2014」でも第1位を獲得。
近年のハウス/テクノシーンにおいて神速で世界的ブレイクを果たした才色兼備のロシアン・フィメールDJ/プロデューサー。

2009年にレーベル〈Underground Quality〉よりシングル『Voices』、『First Time EP.』をリリース。
同年にRadio SlaveことMatt Edwardsのレーベル〈Rekids〉からリリースした『I’m Gonna Get You』、
『Pain In The Ass』がスマッシュヒットした後、活動の拠点をモスクワからベルリンに移す。

その後も、〈Naif〉や〈BPitch Control〉などのレーベルからリリースを重ね、
2011年に〈Rekids〉よりリリースした『Ghetto Kraviz』がまたもや世界的な大ヒットを記録。

そして、2012年に〈Rekids〉より満を持して発表したデビューアルバム『Nina Kraviz』は、
世界屈指のオンラインエレクトロニックミュージックマガジン「RA」で“ロシアンハウスの金字塔”と称賛され、
DJ Mag「ALBUMS OF THE YEAR」でも第2位を獲得。プロデューサーとしての彼女の評価をさらに高めることとなった。

昨年末には、エレクトロニックミュージックのトリッピーでアシッディな面にフォーカスした自身主宰のレーベル〈трип〉をローンチ。
ダブルEPコンピレーション第2弾に続く、レーベル初のシングルとして今夏に発売されたBjarkiの『I Wanna Go Bang』は、
今年のベストテクノトラックに挙げられるほどの人気を得ている。

DJとしては、ベルリン〈Berghain〉やロンドン〈Fabric〉、マンチェスター〈The Warehouse Project〉、イビサ〈Space〉、
シンガポール〈Zouk〉といった世界的に著名なクラブや、アメリカの「Coachella」や「Movement」、スペインの「Sonar」、
メキシコの「BPM」、クロアチアの「Dimensions」、オランダの「Awakenings」や「Dekmantel」など世界中のフェスに出演。
Mixmag「DJS OF THE YEAR」では2年連続トップ10入りを果たし、現在世界で最もブッキングが難しいDJの1人と言われるほど
超多忙なスケジュールをこなしている。

今年1月にはキャリア初となるオフィシャルミックスCDをベルリンのレーベル〈!K7〉よりリリース。
歴史ある『DJ-Kicks』シリーズ史上最高傑作として異例の好セールスを記録し、ここ日本でも5都市を回るリリースツアーを開催して大成功を収めた。
因みに彼女のDJはアナログ中心で、渋谷のレコードショップでも8時間掘り続けたこともあるほどのハードディガーである。

https://www.facebook.com/NinaKravizMusic
https://soundcloud.com/nina-kraviz
https://twitter.com/NinaKraviz
http://instagram.com/ninakraviz

木村 英智
木村英智
アートアクアリウムアーティスト
株式会社エイチアイディー・インターアクティカ代表取締役/アクアリウムクリエイターズオフィスSrl. CEO

1972年、東京に生まれる。
“アート”“デザイン”“インテリア”と自身がライフワークとして追及している「アクアリウム」を融合させる
アートアクアリウムアーティストの第一人者。
変幻自在な水槽デザイン、ハイレベルな水質調整、知り尽くした生体管理と組み合わされる
『アートアクアリウム』という独自の分野を確立させ、アクアリウムを用いて美術館でアートとして有料展覧会を開く
唯一の存在となる。

展覧会におけるインテリア、ライティング、映像、音楽、空間構成も自らデザイン・監修する。
現在では『江戸桜ルネッサンス』などを初めとする、日本の伝統産業を現代アートとして展開する新たな試みにも
取り組んでおり、そこで培った経験を活かしてアートアクアリウムの展示もリアルジャパンとして日々進化させ、
『アートアクアリウム』という自身が創った日本発の新しい分野を世界に向けて発信すべく活動中。

東京・六本木ヒルズにて夏季に定期的に開催されている『スカイアクアリウム』、
金魚に特化し日本的な作品を集めた『アートアクアリウム展 金魚シリーズ』は特に有名で人気が高く、
今日現在(2015年10月末)までに550万人の有料入場者を集めた。

また、環境保全活動も積極的におこなっており、米国フロリダの世界最高レベルの海洋学研究所である
ハーバーブランチ海洋学研究所のアクアリウムマテリアルブランド〈ORA〉を日本に展開させ、
アクアリウムと自然環境保護を結びつける活動や、オーシャンアスリート達と共に取り組む海の自然を考える活動
「One Oceanプロジェクト」、米国デイビッドロックフェラーJrが設立した「Sailors for the Sea」の
ボードメンバーとしての活躍など、様々な活動を盛んに行っている。

2012年からイタリア・ヴェネツィアの世界最高峯のガラスアートブランドの〈VENINI〉のデザイナーとして
異例な若さで抜擢され、世界的なアーティストとして本格デビューを果たした。

アクアリストとしての活動の傍ら、車趣味人としての活動も目覚ましく、
そこで自然と培われた自動車界へのパイプが太い。
2009年の東京コンクールデレガンスを皮切りに、『ジャパン・クラッシック・オートモービル』などの
総合プロデューサーを歴任し、フェラーリ社主催のコンコルソデレガンツァの審査員も務めた。
現場を仕切れる若手エンスージアストとして、自動車文化を後世に残す役割を期待されている。

 

琳派400年記念祭
アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~ 「アートアクアリウム feat. ニーナ・クラヴィッツ」

開催日時:2015年12月4日(金)/18:00-20:45

タイムテーブル:
【第1回公演】DJ HIDE 18:00-18:10/[DJ]ニーナ・クラヴィッツ 18:10-18:55
【第2回公演】荒城蘭太郎「花魁の舞」とニーナ・クラヴィッツのコラボレーション 20:00-20:10/[DJ]ニーナ・クラヴィッツ 20:00-20:45
12月4日(金)は、特別イベント「アートアクアリウム feat. ニーナ・クラヴィッツ」開催のため、
荒城蘭太郎による「二十四節気七十二候の舞」および「花魁の舞」は休演とさせていただきます。
当日は本イベントにご参加いただかなくても、通常通り 17:00-22:00(最終入場 21:30)まで展覧会をご鑑賞いただけます。

会  場:アートアクアリウム城内[水戯の舞台前特設ステージ]
主  催:京都市、アートアクアリウム城実行委員会エイチアイディー・インターアクティカ朝日放送
出  演:ニーナ・クラヴィッツ、荒城蘭太郎、木村英智

『紅葉の賀』

開催日時:2015年12月5日(土)/20:50-21:05
ニーナ・クラヴィッツによるDJパフォーマンスは実施いたしません。茶事の行事参加のみになります。
荒城蘭太郎による「二十四節気七十二候の舞」および「花魁の舞」は通常通り上演いたします。
当日は本イベントにご参加いただかなくても、通常通り 17:00-22:00(最終入場 21:30)まで展覧会をご鑑賞いただけます。

会  場:アートアクアリウム城内[水戯の舞台前特設ステージ]
主  催:京都市、アートアクアリウム城実行委員会エイチアイディー・インターアクティカ朝日放送
協  力:今様白拍子研究所
監  修:公益財団法人有斐斎弘道館 太田宗達
出  演:ニーナ・クラヴィッツ、木村英智、太田達(有職菓子御調進所〈老松〉当主/茶人/工学博士)
http://artaquarium.jp/exhibition/kyoto2015.php

 


リストページへ