天然記念物指定の金魚が勢揃い!”生命の宿る美術館”アートアクアリウムで、美しい金魚を堪能

アートアクアリウム美術館 GINZA(所在地/銀座三越)では、江戸時代から続く金魚鑑賞という文化を、芸術作品「アートアクアリウム」として現代に表現しています。当館には約70種類の金魚が様々な水槽作品の中を舞い泳ぎます。この度、日本で天然記念物と指定されている4種の金魚が全て揃いました。代表的な金魚から珍しい金魚までが揃うアートアクアリウム美術館で、金魚という観賞魚の美しさにぜひ触れてみてください。

天然記念物に指定されている4種、土佐錦・南京・鉄魚・地金が揃いました!天然記念物に指定されている4種類の金魚は、「金魚コレクション」と「新金魚品評」という作品エリアでご鑑賞いただけます。正面や横からの姿を楽しむ“横見”や、上からその美しさを眺める“上見”という本来の金魚鑑賞方法で、悠々と泳ぐ生きる芸術・金魚の美しい姿をお楽しみください。

土佐錦(とさきん)1969年天然記念物指定|高知県

 “金魚の女王”と称される、高知の天然記念物。ドレスのように優雅にひらひら靡く、前方が反転した大きな尾が特徴です。アートアクアリウム美術館の家紋シルエットの金魚は、この土佐錦をモチーフにしています。

●見られるエリア:新金魚品評

南京(なんきん)1982年天然記念物指定|島根県

白く輝くボリューム感のある体と、小さな頭の組み合わせで上品な雰囲気を持つ種類。江戸時代中期から島根県の出雲・松江地方で飼い継がれてきた地金魚で、出雲南京とも呼ばれます。昭和57年には、島根県の天然記念物に指定されました。

●見られるエリア:新金魚品評

鉄魚(てつぎょ)1933年天然記念物指定|宮城県

フナ型の体と、長く伸びる尾ひれなどのすべてのひれが特徴。宮城県で発見された野生のフナと金魚の交雑種であるとされる種類です。ほかのフナ類と異なる性質をもつことから昭和8年に天然記念物に指定されました。当館では、鉄魚の中でもよりヒレが優雅に長く伸びる“羽衣天女(はごろもてんにょ)”と呼ばれる種類が泳いでいます。

●見られるエリア:金魚コレクション

地金(ぢきん)1958年天然記念物指定|愛知県

上からの鑑賞でその魅力が引き立つ、透明感のある白い体と赤いひれが特徴。口元は紅を差したように赤く染まっています。江戸時代中期に作出された起源の古い種で、愛知県の天然記念物に指定されています。

●見られるエリア:新金魚品評

アートアクアリウム美術館 GINZA 冬の企画展「燈りにきらめく冬金魚」開催中

アートアクアリウム美術館 GINZAでは現在、冬の企画展を開催しています。栄木とされる松の木が生い茂るトンネル型の演出や、ツバキの花の色合いが美しい飾りなど、今しか見ることができない冬の演出を、ぜひお楽しみください。

●提灯リウム

提灯に見立てた球体の水槽作品が小道の様に並ぶ約10mの空間。合計14台の水槽には珍しい種類の金魚が泳ぎます。水槽はレンズ効果により金魚が大きく見える瞬間などもあり、ユニークな観賞ができる作品として、当館でも人気です。冬の企画展では、この空間を松の木が生い茂り、梅と連凧が飾られています。

●フラワーリウム

華道家・假屋崎省吾氏とのコラボレーション作品。花瓶に見立てた水槽の中を金魚が優雅に泳ぎます。「静」の花と、「動」の金魚という対極にありながらも相乗される美しさを表現します。季節のお花で飾られる本作は、冬の企画展ではツバキが彩ります。