ナイトアクアリウム

SPECIAL EVENT アイコン
07.25 MON • 26 TUE


タイムテーブル | 22:00-22:20(1公演のみ)
公演時間などは、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
超・花魁ナイト
超・花魁ナイトSPECIAL EVENT

近年の東京・日本橋、京都・元離宮二条城開催にて大好評を博した“美しすぎる女形”荒城蘭太郎の「花魁ナイト」が
今年は10周年を記念して、装いも新たに「超・花魁ナイト」としてパワーアップ!
大衆演劇〈劇団荒城〉の荒城勘太郎・蘭太郎・月太郎・和也による、妖艶で優美な舞をご鑑賞いただけるスペシャルイベントです。


荒城 勘太郎(こうじょう かんたろう)

大衆演劇〈劇団荒城(げきだんこうじょう)〉荒城四兄弟の長男。
1991年12月20日、福岡県飯塚市生まれ。

芝居、舞踊ともに立役(男役)、女形もこなす。父は座長荒城真吾。弟は荒城蘭太郎、月太郎、虎太郎。

2歳で初舞台。
幼いながら大人顔負けの表現力で多くの観客を魅了した。
以後、劇団荒城の舞台、特に人情芝居には欠かせない存在になる。

劇団創立者である初代・荒城月太郎脚本演出の古典芝居『種子島大作』では座長・荒城真吾が主演を勤めた際、
相手役に抜擢され、当時16歳の若さで見事に毒婦を演じきった。
後に『唐人お吉』や『阿部定』といった名作を勘太郎流にアレンジし、主人公の切実な女性像を演じて
「女形 荒城勘太郎」の印象を深めた。

17歳の頃より、アートアクアリウム「花魁の舞」使用曲『織り姫と彦星』を手掛けた、
篠笛奏者・長尾大樹氏に篠笛の指導を受けている。

2010年、若座長を就任してから舞台にかける意気込みは更に拍車をかけた。
芝居、舞踊と表現することに妥協を許さず挑戦し続け、父親の“常に大衆演劇の役者であること”という信念に誇りを持ち連日の舞台を勤めている。 座長荒城真吾が創り出した『型破り荒城's芝居』では、数々の主演を勤めている。
『天翔る蒼き狼』『・・港・・・恐い』『3cmの侍』など。

2015年 『太陽(ヒ)ト月』では立ち回りをメインで、2016年『泣いた蒼鬼』では大衆演劇ならではの泣き有り笑い有りの作品を作り上げた。


荒城 蘭太郎(こうじょう らんたろう)

大衆演劇〈劇団荒城(げきだんこうじょう)〉荒城四兄弟の二男。
1995年4月11日、福岡県飯塚市生まれ。

芝居、舞踊ともに立役(男役)、女形もこなす。

父は座長荒城真吾。兄は、若座長・荒城勘太郎。荒城月太郎、虎太郎は弟にあたる。 劇団の花形として活躍するかたわら、持ち前のセンスで音響、照明も手がける。

14歳の頃に新田流二代目・新田昌弘氏に出会い、以後、師と仰ぎ津軽三味線にも意欲的に取り組む。
19歳の誕生日記念公演では、『春花愁遠〜桜の木の下で』の脚本・演出をし、自らも出演。
好評を博し、同年浅草木馬館で再演を果たす。

2004年:NHK『お昼ですよ!ふれあいホール〜もっと魅せます!大衆演劇』
2005年:新橋演舞場『スーパー歌舞伎ヤマトタケル』、NHK『お昼ですよ!ふれあいホール〜夏休み!花の子役大会』
2008年:森進一『女の恋』プロモーションビデオ等、多数出演。
2014年:『京都 世界遺産登録20周年記念 アートアクアリウム城 〜京都・金魚の舞〜』
2015年:『KYOTO, JAPAN PRESENTS THE BEAUTIFUL WORLD OF ART AQUARIUM』「花魁の舞」


https://twitter.com/kojyorantaro


荒城 月太郎(こうじょう つきたろう)

大衆演劇〈劇団荒城(げきだんこうじょう)〉荒城四兄弟の三男。
1997年8月22日、福岡県飯塚市生まれ。

父は、座長・荒城真吾。兄は、若座長・荒城勘太郎、花形蘭太郎、弟は虎太郎。

2歳で初舞台。
11歳から和太鼓奏者しんた氏に指導を受け和太鼓を始める。以降、しんた氏を師としその名に恥じぬよう取り組んでいる。
14歳に荒城月之助から荒城月太郎襲名。この頃から脚本演出を手掛けるようになる。
幼い時から持ち合わせた独特の世界観が発揮され、その独創性は高い。

2015年、月太郎誕生日公演『人魚姫』では人と生物の共存して生き抜くことの大切さを表現し、
2016年、篠原演芸場公演『~歌麿ゑ日記~ 色恋(しきれん)物語』では、大衆演劇の舞台で見事にモノクロの世界を創り出した。
また、絵、歌、ダンスと多趣味を武器に付けジャンル問わず伸びしろの大きさを見せつけ、今後の活躍もなお期待されている。


荒城 和也(こうじょう かずや)

大衆演劇〈劇団荒城(げきだんこうじょう)
1982年1月22日、宮崎県宮崎市生まれ。

母は大隅圭子。生前同劇団にて女優として舞台に立ち、現役を退いてからも長年にわたり裏方として尽力した。

14歳の頃「大隅和也」で初舞台。
当時副座長だった荒城真吾に弟子入りし熱心に稽古を重ねた。
容姿端麗な事と本来持ち合わせた勘の良さで、瞬く間に劇団荒城の花形となり「光城(こうじょう)和也」と名を改める。

2014年から「荒城和也」と改名し劇団荒城の頭となる。荒城4兄弟を幼少期から公私ともに見守り続け、彼らには頼もしい兄貴的存在。
荒城の特色を受け継ぎ、堂々の安定感で座長荒城真吾と一糸乱れぬ息の合ったかけ合いを魅せる。まさにその名実共に頭に相応しい。

これまでは二枚目の役どころを多数演じていたが、『3cmの侍』では欲の強い三枚目をユーモラスに、
『幻夜に鳥が飛ぶ』、『・・港は・・・恐い』で冷酷無情な役どころを美しく演じ新境地を見せた。
また、同劇団でシリーズ化されている『おひけぇなすって!2』では主人公を好演。


劇団荒城:http://www.d8.dion.ne.jp/~koujyou

スペシャルイベント
〈超・花魁ナイト券〉
SPECIAL EVENT アイコン

7月25日(月)・26日(火)「劇団荒城」 21:00-23:30(最終入場 23:00)
開場 21:00/公演時間 22:00-22:25(1公演のみ)
大人 2,000円(1ドリンク付)

チケットの販売は、終了いたしました

前のページへ
スケジュール欄へ