ご挨拶

展覧会について アートアクアリウムアーティスト・木村英智のご挨拶

ご挨拶

私はアクアリウムという世界に身を置いて、
たくさんの国で数多くの魚たちと出会って来ました。
もともと世界中から海の魚を専門に集める仕事から始めましたので
特に天然の海の恵みであるカラフルで美しい魚たちに
魅了されていました。

もちろん現在もその思いに変わりはありませんが、
アートアクアリウム・アーティストとしての活動を
本格的に始めた頃から、金魚の持つ妖艶な美しさや、
侘び寂びを持った佇まいにどんどん引き込まれて行きました。

そして魚を入れて完成させるアートを生み出すときに必然的に金魚を選んでしまうことも多々あります。
その理由は、きっと金魚というもの自体が人の手によって造り出された芸術作品であるからでしょう。
アートを創る者として、アートに惹かれてしまうのだと思います。

私は、アートアクアリウムアーティストとして展覧会を催すときに必ずジャポニズム・エリアを設けて金魚を用いた作品で和を表現しています。

日本から世界に発信する新しいアートとして、そして日本人としての試みです。
ありがたいことに、そのジャポニズムな作品や空間はいつも大変高い評価をいただいております。
その作品たちを集めて様々な場所で展覧会を開催できることは、私にとって大変に喜ばしく意味のあることです。
自分が創った日本的な作品を通して、たくさんの人に文化を伝えることができるのですから。

私は常にアートとして昇華したアクアリウムが織りなす水中世界を体験してもらい、その中に込められたメッセージを感じてもらいたい、
そのような気持ちでプロデュースしています。

私が創作するアートアクアリウムとは、プロダクトや空間デザイン・演出と水槽の中の生態系の融合です。
人の心を掴む技術の先には、地球が生み出した自然美の存在があります。
金魚は人の手で生み出されますが、自然の摂理の中にあることは間違いありません。

僕の作品と出会った人たちに、美しいものを守りたいという“小さな気付き”を感じてもらえたらと願っています。

アートアクアリウムアーティスト:木村 英智

アートアクアリウムの金魚たち

金魚は人の手によって生み出され、様々に形を変えてきた歴史を持つ“観賞魚”です。
その歴史は、およそ二千年前に中国で突然変異によって生まれた赤いフナの仲間が見つかったことに始まります。
日本にやってきたのは1502年(室町時代)で、当時は城主や大名しか見ることのできない大変な贅沢品だったといわれています。

江戸時代になると、武士や豪商が屋敷の池で金魚を飼うようになり、金魚は花街を彩る「華」としてもてはやされ、
暑い夏には「涼」として素敵に飾られました。
庶民でも手に入れられるようになった江戸後期には、浮世絵や家具・着物の柄に描かれるほど金魚ブームが起こり、
今日までつづく日本独自の金魚文化が発展する礎となったのです。
本展覧会は、江戸時代に育まれた「粋」な金魚の世界に想いを馳せ、新たな形で現代によみがえらせる試みです。

アートアクアリウムはその発想と表現に注目が集まることが多いですが、その前にある生態系を存在させ魚を生かす知識と技術が自慢です。
ここで泳ぐ魚たちは、栄養価の高い食事、高性能な水質浄化装置、毎日毎晩徹夜でおこなわれる生体管理スタッフによる世話など、
観賞魚として生を受けたものとして、人から与えられる最大限の愛情を受け、幸せな時間を過ごしております。
もちろん展覧会が終わると金魚たちは元気に元居た金魚市場の池や問屋さんに戻って行きます。
珍しく手に入りにくい種類などは、手元に残し大事に世話をし、各展覧会を一緒に回って行くのです。
北海道から沖縄までアートアクアリウムと一緒に旅をしている金魚もたくさんいました。
中には展覧会中に子供が生まれ、その子供が大きくなって舞台に出ることもあるのです。

「アートアクアリウム」とは、観賞魚として存在することになった魚たちにとっての、一番の晴れの舞台を用意したい。
そんな想いが形になった展覧会です。

私は常にアートとして昇華したアクアリウムが織り成す水中世界を体験し、その中に込められたメッセージを感じてもらいたいと思っています。
アートアクアリウムは、プロダクトや空間のデザイン・演出と、水槽の中の生態系の融合です。
人の心を掴む技術の先には、地球の生み出した自然美があります。
金魚は人の手によって生み出されますが、自然の摂理の中にあることは間違いありません。
華麗で優雅でありながら、どこか儚い金魚の舞いを通じて、美しい物を守りたいという“小さな気付き”を感じてもらえたらと願っています。

最後に本展覧会は開催11年を迎え、現在までに累計760万人ものお客様に来ていただくことができました。2017年9月10日現在)
その道のりには、たくさんの方々のご協力やご理解がありました。
そして何より会場に足を運んでくださった方々のお蔭です。
晴れやかな舞台をいただき、今日の日を迎えることができましたことに、心よりの感謝と御礼を申し上げます。

ヒストリー

過去に開催された スカイアクアリウムとアートアクアリウムのご紹介

ヒストリー イメージ

金魚に特化し、日本的な作品を集めた
『アートアクアリウム展』をはじめ、
東京・六本木ヒルズにて夏季に定期的に開催されている
『スカイアクアリウム』とともに
アートアクアリウムアーティスト・木村英智が過去にプロデュースした
アクアリウムの世界を紹介いたします。

スカイアクアリウム

2007-2011年
SKY AQUARIUM I

テーマ | アートアクアリウム
会 期 | 2007年7月13日-9月30日
会 場 | 東京シティビュー 森アーツセンターギャラリー

SKY AQUARIUM II

テーマ | 環境
会 期 | 2008年7月18日-9月28日
会 場 | 東京シティビュー 森アーツセンターギャラリー

SKY AQUARIUM III

テーマ | イリュージョン
会 期 | 2009年7月17日-10月4日
会 場 | 東京シティビュー 森アーツセンターギャラリー

SKY AQUARIUM IV

テーマ | クールエンターテインメント
会 期 | 2011年7月15日-9月25日
会 場 | 東京シティビュー 森アーツセンターギャラリー

アートアクアリウム

2010年
アートアクアリウム展 ~京都・金魚の舞~

会 期 | 2010年3月17日-29日
会 場 | 大丸 京都店6階 大丸ミュージアム


2011年
アートアクアリウム展 ~神戸・金魚の美~

会 期 | 2011年1月29日-2月14日
会 場 | 大丸 神戸店9階 大丸ミュージアム


2012年
アートアクアリウム 2012 ~江戸・金魚の涼~
&ナイトアクアリウム

会 期 | 2012年8月17日-9月24日
会 場 | コレド室町5階 日本橋三井ホール

アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~

会 期 | 2012年12月1日-2013年1月21日
会 場 | 大丸 心斎橋店北館14階 大丸ミュージアム


2013年
ECO EDO 日本橋
アートアクアリウム 2013 ~江戸・金魚の涼~
&ナイトアクアリウム

会 期 | 2013年7月13日-9月23日
会 場 | コレド室町5階 日本橋三井ホール

東海テレビ開局55周年
アートアクアリウム展 ~名古屋・金魚の雅~

会 期 | 2013年8月9日-10月1日
会 場 | テレピアホール

アートアクアリウム展 ~札幌・金魚の灯~

会 期 | 2013年11月30日-2014年1月19日
会 場 | サッポロファクトリー 1条館1F 特設会場


2014年
アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~

会 期 | 2014年2月6日-3月11日
会 場 | 阪急うめだ本店9階 阪急うめだホール

アートアクアリウム展 ~博多・金魚の祭~
&ナイトアクアリウム

会 期 | 2014年3月21日-5月11日
会 場 | JR博多シティ9階 JR九州ホール

アートアクアリウムミュージアム・大阪

会 期 | 2014年4月5日-5月16日
会 場 | 大丸梅田店15階 大丸ミュージアム

ECO EDO 日本橋
アートアクアリウム 2014 ~江戸・金魚の涼~
&ナイトアクアリウム

会 期 | 2014年7月11日-9月23日
会 場 | コレド室町5階 日本橋三井ホール

アートアクアリウムステーション

会 期 | 2014年7月19日-8月25日
会 場 | テレビ朝日本社1階 イベントスペースumu

東海テレビ開局55周年
アートアクアリウム展 ~名古屋・金魚の雅~

会 期 | 2014年8月8日-10月8日
会 場 | テレピアホール

京都 世界遺産登録20周年記念
アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~

会 期 | 2014年10月24日-12月14日
会 場 | 元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)


2015年
アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~

会 期 | 2015年1月9日-3月2日
会 場 | 阪急うめだ本店9階 阪急うめだホール

善光寺御開帳記念
アートアクアリウム展 ~長野・金魚の善~

会 期 | 2015年4月25日-5月31日
会 場 | ホテルメルパルク長野 メルパルクホール

KYOTO, JAPAN PRESENTS
THE BEAUTIFUL WORLD OF ART AQUARIUM

会 期 | 2015年5月29日-8月23日
会 場 | CIRICOLO FILOLOGICO MILANESE

ECO EDO 日本橋
アートアクアリウム 2015 ~江戸・金魚の涼~
&ナイトアクアリウム

会 期 | 2015年7月10日-9月23日
会 場 | コレド室町5階 日本橋三井ホール

被爆70年祈念事業
アートアクアリウム展 ~広島・金魚の祈~

会 期 | 2015年7月25日-9月6日
会 場 | パセーラ11階 NTTクレドホール

琉球朝日放送開局20周年記念
アートアクアリウム展 ~沖縄・金魚の結~

会 期 | 2015年9月18日-11月15日
会 場 | デパートリウボウ6階 催事場

琳派400年記念祭
アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~

会 期 | 2015年10月23日-12月14日
会 場 | 元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)


2016年
JR HAKATA CITY 5th ANNIVERSARY
アートアクアリウム展 ~博多・金魚の祭~
&ナイトアクアリウム

会 期 | 2016年3月18日-5月22日
会 場 | JR博多シティ9階 JR九州ホール

『アートアクアリウム誕生 10周年記念祭』
北陸朝日放送開局25周年

アートアクアリウム展 〜金沢・金魚の密〜

会 期 | 2016年9月16日-10月14日
会 場 | 金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA


2017年
ECO EDO 日本橋
アートアクアリウム 2017 〜江戸・金魚の涼〜
&ナイトアクアリウム

会 期 | 2017年7月7日-9月24日
会 場 | 日本橋三井ホール

開催中
大政奉還150周年記念
アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~

会 期 | 2017年10月25日-12月11日
会 場 | 元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)

詳しくは こちらをクリック!

江戸桜ルネッサンス

2014年
江戸桜ルネッサンス ~夜桜うたげ~

会 期 | 2014年3月7日-30日
会 場 | コレド室町5階 日本橋三井ホール